【KIPPO Academy】大人のクールダウン ー後半【家庭教師】

query_builder 2022/07/16
ブログ
20220421-前後半_大人のクールダウン

こんにちは!KIPPO Academy 講師の津田です。


今回は、


「大人のクールダウン - 後半」


というタイトルでお話していきたいと思います!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


前半では、


✅子どものクールダウン

✅感情の爆発

✅大人が子どもに怒るとき

✅アンガーマネジメントとは


というお話をしました。


(まだ前半をお読み頂いてない場合はぜひ前半を読んでから後半をお読みください♪)


後半は私が実践してるアンガーマネジメントについて、


ご紹介していきたいと思います!



🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀


〜後半・目次〜


✅大人のクールダウン

✅クールダウンの流れ

✅心に余裕を

✅感情をコントロールすることはできない


🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀



大人のクールダウン


子どもが苛立ちや不安などからふとした拍子に


わざとこちらが苛立つような言葉を言ったり、


態度をみせたりすることがあります。


そんなときに、


その挑発にのってこちらも怒りに任せて言い返してしまうともう大変です。


収集がつかなくなって、どちらも引っ込みがつかなくなって、、




そんなときにオススメなのが、


・言い返さない


・頭の中で6数える


・この子も辛いんだ、と頭の中で言う


・そのときの状況をそのまま言葉にする


という流れです。





クールダウンの流れ


たとえば、子どもが挑発的なことを言ってきたとしても、


絶対に言い返さない、と心に誓います。




そして、頭の中でゆっくりと6数えます。


人の怒りのピークは6秒しか続かない、と


言われているそうですが、


実践してみたところ、全部とまではいかないにしても


かなり怒りが鎮まるのを体感できました。




そして、その子が今こうして挑発的になっているのは


辛いことがあるということなんだ、


この子も今、辛いんだ、


と頭の中で唱えます。



そうしているうちに自分が冷静さを取り戻していくのがわかります。




そしたら最後、


「今はお互いに落ち着いて話ができる状態じゃないみたいだから、


 少し落ち着く時間を作って後で話そう。」


と今の状況をそのまま言葉にして伝えます。


あとは、お互いに落ち着くまで待ってから


話をするだけです。






心に余裕を


ただ、子どもの状態によっては、


そんなことをしている場合ではないことも多いですし、


クールダウンしきれないことも少なくありません。


そんなときはまずは安全を守る必要があったり、


日をまたいでしまうことがあったりするかもしれません。




ただ、どんなときでも、


やはり大人の感情が爆発してしまっては


物事はうまく進みませんよね。


最初は上手くいかないかもしれませんが、


ぜひ根気強く試してみてほしいです。




また、


「こんなことをしている余裕なんてない!」


という声が聞こえてきそうですが、


そんな時にはご自身が生活の中で追い込まれてしまっている状況かもしれません。


時には誰かに頼って、


日々の生活の中でご自身のことをケアしてあげてください。





感情をコントロールすることはできない


しかしそれでも、どうしても


感情が爆発してしまうことはあります。


そんなときは、ご自身を責めず、


人間なんだからしょうがない、


今度はなるべく爆発しないようにアンガーマネジメントを頑張ろう


と思って気持ちを切り替えてみてはいかがでしょうか。





記事検索

NEW

  • 【KIPPO Academy】「なんでそんなことするの?!〜本当に理由を聞いてみませんか?ー後半【家庭教師】

    query_builder 2022/08/12
  • 【KIPPO Academy】「なんでそんなことするの?!〜本当に理由を聞いてみませんか?ー前半【家庭教師】

    query_builder 2022/08/05
  • 【KIPPO Academy】大人のクールダウン ー後半【家庭教師】

    query_builder 2022/07/16
  • 【KIPPO Academy】大人のクールダウン ー前半【家庭教師】

    query_builder 2022/07/01
  • 【KIPPO Academy】障害?障碍?障がい?〜「障害」の表記についてー後半【家庭教師】

    query_builder 2022/06/10

CATEGORY

ARCHIVE