【KIPPO Academy】大人のクールダウン ー前半【家庭教師】

query_builder 2022/07/01
ブログ
20220421-前後半_大人のクールダウン

こんにちは!KIPPO Academy 講師の津田です。


今回は、


「大人のクールダウン - 前半」


というタイトルでお話していきたいと思います!



🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀


〜前半・目次〜

✅子どものクールダウン

✅感情の爆発

✅大人が子どもに怒るとき

✅アンガーマネジメントとは


🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀




子どものクールダウン


子どもが何かのきっかけでパニックを起こしたとき、


または怒りで我を忘れているとき、


その最中に冷静に話をするのは難しいですし、


無理に話を進めてもあまり意味がないので、


子どもが落ち着くまでクールダウンの時間を作ることが推奨されています。


私もよく現場で実践していて、効果は抜群です。




パニックや怒りが落ち着くまでそばに寄り添ったり、


時には一人の時間を作ってみたり。


落ち着いてから話せば、


スムーズに原因や対処法がわかることが多いです。




感情の爆発


怒りや悲しみなどの感情が爆発したとき、


人はいつもの落ち着いた状態でいられなくなります。


それはパニックだったり、


相手に対して怒鳴って責め立てたり、と


いろいろな形で現れてきます。


この感情が爆発した状態のままで


冷静に物事を進められないのは、


子どもに限らず大人もそうなのではないかと思います。





大人が子どもに怒るとき


たとえば大人が子どもに怒るときについて考えてみます。


怒る、というのは一つの感情の爆発ですよね。


感情が爆発したときは、


大人も冷静に物事を進めることができません。


爆発した勢いのまま子どもに対して


「そんな子はうちの子じゃないからね!」など


思ってもいなかったひどいことを言ってしまったり、


「もう置いていくよ!」と


わざと子どもが悲しむことを言ってしまったりして、


冷静になってから後悔して落ち込んでしまう、


なんてことも子育てをしていると珍しくないのではないでしょうか。





この大人が子どもに怒っているときの状態は、


子どもがパニックになったり、


我を忘れて誰かを責めたりしている状態と同じような気がします。


ということは、


大人にもクールダウンの時間が必要なんじゃないでしょうか。





アンガーマネジメントとは


最近、


アンガーマネジメントという言葉が


よく聞かれるようになりました。




子どもは、


自分の感情をうまくコントロールできないことが多いですが、


大人でも、感情のコントロールはうまくできないものだと思います。


そこで、


コントロールではなくマネジメントしようという発想が


必要になったのではないでしょうか。



感情は良いものも悪いものも


無意識に湧いてきますよね。


それは自然なことだと受け止めた上で、


なるべく負の感情が湧いてこないように


事前に生活のスタイルを整えておいたり、


相手にぶつけてしまう前になんとか自分の中で処理をしたりすることが、


アンガーマネジメントなのではないかと私は思います。



そういう私も、


子どもたちと接しているときに


ついカッとなってしまうことがあります。


そんなとき私が実践している方法を


ご紹介したいと思います。



→後半へ続く

記事検索

NEW

  • 【KIPPO Academy】「なんでそんなことするの?!〜本当に理由を聞いてみませんか?ー後半【家庭教師】

    query_builder 2022/08/12
  • 【KIPPO Academy】「なんでそんなことするの?!〜本当に理由を聞いてみませんか?ー前半【家庭教師】

    query_builder 2022/08/05
  • 【KIPPO Academy】大人のクールダウン ー後半【家庭教師】

    query_builder 2022/07/16
  • 【KIPPO Academy】大人のクールダウン ー前半【家庭教師】

    query_builder 2022/07/01
  • 【KIPPO Academy】障害?障碍?障がい?〜「障害」の表記についてー後半【家庭教師】

    query_builder 2022/06/10

CATEGORY

ARCHIVE