【KIPPO Academy】日本語、知っているけど使えていない?!ー後半【家庭教師】

query_builder 2022/05/01
ブログ
20220324-前後半_日本語、知っているけど使えていない?!

こんにちは!KIPPO Academy講師の津田です。



今回は前回の続き、


「日本語、知っているのに使えていない?!ー後半」


というタイトルでお話ししていきたいと思います!



🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀


〜後半・目次〜

 ✅日常会話の日本語との違い

 ✅表情や空気を読むのが苦手だとしたら

 ✅日本語の使い方を少し意識してみると


🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀🍀



前半は、


✅正しい日本語??

✅なんとなく使っている日本語

✅知っているのに使えていない?!


というお話をしました。


(まだ前半をお読み頂いてない場合はぜひ前半を読んでから後半をお読みください♪)



さて、ではどうして


知っているのに使えていない、


ということが起こるのでしょうか?




 日常会話の日本語との違い



これは、


「〜する」と「〜した」に限らない話ですが、



日常生活の中では、


なんとなくで日本語を使っていても


表情や声色、周りの空気など、


他の要素がサポートしてくれるので、


日本語の細部を意識しなくても


大体の伝えたいことは伝わることが多いと思います。




それが、文章だけになったとたんに、


日本語の細かいところまで気にしないと


正確に意図が汲み取れなくなってしまうのです。




さきほどのようなミスをするお子さんたちは、


日常会話の感覚で、


なんとなく文章の日本語をとらえてしまっていることが多いので、


日本語の細部に意識をむけるだけで解決したりします。





 表情や空気を読むのが苦手だとしたら



では、発達障がいなどの特性から、


表情や空気を読むのが苦手だったとしたら、


そして、そのなんとなくの日本語を


言葉のままの意味で捉えていたらどうでしょう。



もしかしたら、それによって混乱して


コミュニケーションが上手くいかないことも出てくるかもしれません。





 日本語の使い方を少し意識してみると



こんな場合には、


時制や言葉の選び方、助詞の使い方など、


日本語の細部に意識を向けたり、


なるべく主語を省略しない、


など少し工夫を加えることで


避けられる混乱があるかもしれません。


ぜひ、試してみてください♪



このBlogでは株式会社xEDUが提供する教育サービスでの実践記録や様々な情報を発信していきます。

お問い合わせいつでも受け付けております。

遠慮なくご相談ください。

記事検索

NEW

  • 【KIPPO Academy】大人のクールダウン ー前半【家庭教師】

    query_builder 2022/07/01
  • 【KIPPO Academy】障害?障碍?障がい?〜「障害」の表記についてー後半【家庭教師】

    query_builder 2022/06/10
  • 【KIPPO Academy】障害?障碍?障がい?〜「障害」の表記についてー前半【家庭教師】

    query_builder 2022/05/28
  • 【KIPPO Academy】子どもの切り替えがうまくいかないときにやってみてほしいこと - 後半【家庭教師】

    query_builder 2022/05/21
  • 【KIPPO Academy】子どもの切り替えがうまくいかないときにやってみてほしいこと - 前半【家庭教師】

    query_builder 2022/05/06

CATEGORY

ARCHIVE