【オンライン家庭教師】発達障がい・不登校児支援で大切にしていること⑥【私たちが学び続ける】

query_builder 2021/09/02
ブログ
mimi-thian-vdXMSiX-n6M-unsplash_R


こんにちは! 株式会社xEDU代表の高司です。


株式会社xEDUでは

KIPPO Academy

発達障がい・不登校のお子様に対する教育支援サービス


KIPPO Academy ENGLISH

バイリンガル教師と英語を学べる英語学習教室


を運営しております。


さて、今日のテーマは私たち大人ができることです。


子どもたちに学びを伝える者として私たちはなにができるでしょうか? 


今回の答えもいたってシンプルです。


私たちが学び続けることです。


これは私たち株式会社xEDUがとても大切にしている姿勢の一つであり、私たちの教育支援哲学の2つ目 ”Keep Learning” にも表されています。




私たちは子どもたちに学ぶ姿をみせることができます。

そして、一緒に学ぶことができます。



学びは「真似」から始まります。



武道の世界で成長のステップを表す際よく使われる言葉に「守・破・離」の法則があります。


守…先生や師の教えを忠実に守り、真似しながら学ぶ段階


破…先生や師の教えを破りはじめ、自分らしさを加えていく段階


離…先生や師から離れ、独立していく段階


株式会社xEDUでの支援に置き換えると


共感…教師は子どもに寄り添い共感を増やす。子どもは教師に信頼を寄せる。共に学ぶ世界を作る。


般化…子どもは少しずつ他の世界へと応用し始める。教師はそれを応援したり、背中を押したりする。


自立…子どもは教師から離れ始め、身体的にも精神的にも自分の人生を生き始める。


のようになるでしょうか。


その中で、私たちができることは、まず共に学び、学ぶ姿をみせることです。


例えば、子どもが英検を受験するとします。子どもに英検対策を教授するのも大切ですが、子どもと一緒に英検を受験することもできるはずです。


また、子どもが新しい漢字を10個覚えないといけないならば、私たちもその子どもが得意なゲームのキャラクターを10個覚えることができるはずです。


大切なことは、私たちが学び続けること、そして、学ぶ楽しさを伝えることなのです。


このBlogでは株式会社xEDUが提供する教育サービスでの実践記録や様々な情報を発信していきます。
お問い合わせいつでも受け付けております。遠慮なくご相談ください。


記事検索

NEW

  • 【KIPPO Academy】大人のクールダウン ー前半【家庭教師】

    query_builder 2022/07/01
  • 【KIPPO Academy】障害?障碍?障がい?〜「障害」の表記についてー後半【家庭教師】

    query_builder 2022/06/10
  • 【KIPPO Academy】障害?障碍?障がい?〜「障害」の表記についてー前半【家庭教師】

    query_builder 2022/05/28
  • 【KIPPO Academy】子どもの切り替えがうまくいかないときにやってみてほしいこと - 後半【家庭教師】

    query_builder 2022/05/21
  • 【KIPPO Academy】子どもの切り替えがうまくいかないときにやってみてほしいこと - 前半【家庭教師】

    query_builder 2022/05/06

CATEGORY

ARCHIVE